マカオの日系ホテル
【ホテルオークラ inギャラクシーマカオ】

眠らない街、【マカオ】へ遊びに行ってきました!

マカオと言えば、カジオを筆頭に、プール・ショッピング・ショー・アトラクションなど、特徴的な娯楽施設を所有する巨大IRリゾートが並び立つゴージャスなリゾート地です。

その中でも、広大なプールが自慢の“ギャラクシーマカオ”内にある6つのホテルのうちの一つ、「ホテルオークラマカオ」を利用したので、リポートしてみたいと思います。

“オークラ”の響きからお察しの通り、日本でも有名なオークラグループです。

公式サイトはこちら

そもそもギャラクシーマカオって??

マカオには、大きく2か所にホテル地区があります。

上の赤い□マカオ半島側のホテル地区。

こちらは90年代に発達した地区で、昔ながらの町並みと巨大ホテルが共存してます。

下の赤い□がコタイ地区

こちらは2000年以降、今なお発展中の地区で巨大IRが密集するゴージャスで煌びやかなエリアです。このあたり一帯はすべて埋め立て地だそうですよ。ギャラクシーマカオはこのコタイ側にあります。

夜の外観はこんなに美しい!
ロビーにミニチュア展示があります。

ミニチュアなのに、この大迫力・・・

敷地外から見るとこんな感じ。

7つ目のホテル開業を目指して工事中。

まだ造るか・・凄い、、、

ちなみに、3枚目手前の高架線は、開通直前のマカオ鉄道。三菱重工と伊藤忠商事による日の丸輸出だそうです! 空港やフェリーターミナルと、観光地・ホテル地区を結ぶ鉄道で、バス主力のマカオ内移動がかなり便利になりそうですね!!

走行試験をしていたので、間もなく開業されるのではないでしょうか♪

客室

続いて、ホテルオークラマカオの客室です。

ベットの折鶴が日系らしい
ガラス張りのシャワールーム。

湯船もあります!Tv付!

お風呂の横に

トイレとクローゼット。

 お洒落なデスクも。

ウェルカムフルーツとナイフも用意されてましたが、皮剥くのメンドイし、中国の水菓子は怖くて手を付けず ><;

2重窓なので、景観は

まぁどうせ工事現場でしたが・・

向こう岸は中国ですね。

施設自体も新しく、エキストラベッドを入れても余裕のある広さが確保されてます。

海外ホテルのお約束、ミネラルウォーターも毎日、部屋と洗面台に1本づつ補充されます。

施設

なんといっても目玉は巨大なプール

ギャラクシーマカオに所属するホテルの宿泊者は無料で利用できます!

(宿泊者でなくても、9000円くらいで利用可能。)

色々な種類のプールが楽しめます!

9時にオープンしますが、9時台はほとんどお客さんいません。

10時頃から徐々に増え始め、午前中には、荷物を置けるデッキチェアは埋まってしまう感じでした。午前中利用がオススメです。

ロッカールームもありますが、タオルは敷地内で配ってますし、必要なのは、カードキーくらいです。プラスチックカードなので、無くさないよう気を付ければ、ポケットでもOKです。

部屋からスリッパでの移動が可能ですので、サンダルも必要ありません。

スリッパもアメニティと一緒に補充されたので、万一、水に濡れてしまっても大丈夫!

ホテル内を水着で移動するのはアレなので、ラッシュガードのようなそのまま水に入れるシャツがあると非常に便利です。最悪、荷物置き場が空いてなくても、そのままプールに突撃できますからっ!

波の出るプールは、20分波が続く→10分休憩 くらいの周期的に実施。

結構大波で大人でも迫力を感じます。お子さんは浮き輪必須じゃないでしょうか。

その近くに、温水のプールもありました。天気の安定しない日などには重宝しそうです。

波の出るプール→流れるプールはプライベートプールゾーンを横切って移動しないといけないので、5分ほど徒歩を強いられます。全長600m弱あるそうで、中々楽しめますよ!

ウォータースライダーも3種類あります。レベルが上がるほど、暗闇感・速度が増すようです。

とても充実したプールで、お子さんならあっという間に1日潰れてしまうのではないでしょうか。学生や社会人の旅行であれば、プールを一通り満喫するだけなら、半日を目安に計画すると良さげです。

何気に室内プールもあります

ホテル内(29F)にジムがあり、無料で利用可能です。ジム・サウナ・プール(15mほど)・シャワーが用意されています。プールに半径1.5mほどの温水ジャグジーが併設されているので、ちょっとした浴場代わりにも使えます。こちらもルームキー1つで手軽に利用でき、タオルも自由に使えます!

食事
敷地内のいたるところで飲食店があります。
特に、道を挟んだ(2Fから渡り廊下あり)ブロードウェイホテル側にあるFoodStreetに行くと、現地感満載な屋台も含めてたくさんのグルメがありました。
看板上で黄色の道は、廊下ではなく、野外でした。
屋台から香辛料強めの匂いが渋滞しているこの感じ、実にアジアっぽいですね~
必ず行ってほしい!ミシュラン中華!
私たちは、上の看板に〇を付けた「TimHoWan」という中華料理屋へ。
ホテルの日本人受付嬢におススメされたお店です。
香港発祥のミシュラン1つ星認定店舗だとか!
日本にもあるけど、連日、大行列なんだそう。
それがマカオではすんなり席に座れちゃいましたよ☆
メニュー

左上の大きな4つが「四天王」らしい。

四天王の一角。私はこれがイチオシ!

外の生地は、ほんのり甘くてサクサク。

お菓子のような生地の中には、甘辛い豚肉。

意外な組み合わせが斬新でタマラナイ!

これも四天王の一角。

生春巻き的なもの?と思ってよく見ると、Liver=レバーだった模様。臓物系が大丈夫な方はぜひ。

このジクがやけに太っとい野菜、マカオで頻繁にエンカウントしましたw

オーソドックスなシュウマイとチャーハン

このお店に限らず、マカオのチャーハンって味が薄めです。

アジアの米って日本米みたいに瑞々しくないので、炒飯にするとパラパラで本場感が出ますね。(その代わり、白米だと違和感…。。)

四天王と似て、中から豚肉出てきます。

こっちの方が生地が分厚くてよりおかずっぽい。個人的には四天王に軍配だな~。

全体的なお値段も、500円~1000円とミシュラン店とは思えない良心価格。
ぜひ、ギャラクシーマカオに立ち寄りの際は、ここを味わってきてください!

ちなみに、FoodStreetの一角には、日本では絶滅危惧種となってしまったこのお店も。

日本製は高級品(~1.5倍ほどの価格)でしたが、安心を買いたい方には重宝しますよね!

お手軽なフードコートもあります。

日本も同じですが、取り立てて美味しいわけでもなく、無難な感じです。
麺類は特にインスタント感。

入り口すぐにあるお店の、パーコーメン。
俳骨麺は日本でも見かけるので、安心して注文できましたw
右側の焼き餃子的なヤツ(ガラス張で作ってるところが見れる)は、
フードコートにしては美味しかったです。

別のお店のワンタンメン。うん、フツー。

フードコートの脇にはお馴染み「マクドナルド」あります!
ご当地のアンガス牛バーガー!!!
パティが日本の2~3倍のボリュームで食べ応えありました!!!

ショッピング・カジノ

IRのお楽しみといえば、ショッピングモールですね!
ギャラクシーマカオのショッピングモールは、6つのホテルを繋ぐように輪になってます。
歩いている感覚は、日本のイオンモール的な感じですが、ほとんど高級ブランド店です。
”お客さん全然いないけど、やってけるの~?”っていう雰囲気。
カジノで大勝ちした中国の富裕層がドドーンと大金使って成り立つ商売なんでしょうね。

一角に、H&Mやadidas等があったので、庶民の我々はその辺が限界でしたわ・・・
(それでもやっぱり日本より高価格なんだが^^;)とりあえず「ショッピングモールあるなら、洋服は現地調達すればいいよね~」は痛い目見ますよ(´・ω・`)

そしてマカオと言えば、「カジノ」ですよね!
輪になったショッピングモールの中心部がカジノになってますので、至る所に入り口がありますし、カジノを通過すると、近道になったりします。
非常に広大な敷地を有したカジノですが、そこまで人が多いわけでもなく、
スロットなどの電子ゲームの席は空きまくってるし、有人カウンターのディーラーも明らかに暇そうにしてました^^;
ポツポツ人だかりできてるな~、程度の賑わいで、落ち着いて通過できましたw

「通過」と書いたのは、我々はカジノゲームは手を出さなかったからです^^;
元々ギャンブル好きのメンバーじゃないですし、時期的に、香港のデモ情勢が気になりすぎ
て、カジノ情報収集まで手が回らなかったのですよね~(´ω`;)
ルールもよくわからないままでしたので、触らぬ神に祟りなし~というスタンス~

ただ、それでもアドバイスが、2点。

  • 宿泊者なら、カジノメンバーズカードはとりあえず作って損なし!

カジノ内にある、受付カウンター的なところで発行できます。
パスポートを提示して、連絡先(電話番号)を一筆書けば5分程度で発行可能です。

日本の電話番号でも問題なかったですけど、通じないよなぁ。笑

メンバーズカードの最大の利点は、「ショッピングモールで割引を受けれる!」ことです!
提示するだけで、10%割引が多いです。飲食店やフードコートでも有効なので、これは非常にありがたいですよね!
また、地味なポイントとしては、基本カジノへの入場時はパスポートの提示が必要ですが、メンバーズカードがあれば、カードで入場が可能です。
セキュリティ上、あんまりパスポート持ち歩きたくない・・・という方におススメの手段です。

  • カジノ内でミネラルウォーターが無料で入手可能!

もちろん、ゲーム中に飲んでもらうものだと思いますが、ワゴンの上で大量放置されてるだけなので、通過しながら1本頂いて帰っても特に文句言われませんでした(∩´∀`)∩

ホテルの部屋の補充で足りない時には、こんな節約術もありますよ。

シャトルバス

大きく分けて、主要な交通機関向けのと、IRホテルを巡回する無料バスが発着します。どのバスも30分以内には来るので、そこまで時刻にシビアになる事もなく、安心です。

ダイアモンドロビー側からは、交通機関へのアクセス便が多く、
マカオ空港、タイパ or マカオフェリーターミナル等へ向かう場合はこちらからどうぞ。
ただし、残念なことに、私たちの使った海上バスルートで利用する「澳門口岸」行のシャトルバスはありません。フェリーターミナルを経由して無料シャトルバスで乗り継ぐか、タクシー利用(1500円程度)となります。「XX口岸」行のバスがあるのですが、別の中国国境に行ってしまうので、お間違いなく。

また、このダイアモンドロビー側からは、系列ホテルである、スターワールドホテル行のシャトルバスが出てます。このホテル、タイパ地区ではなく、マカオ地区にあるので、セナド広場に行く際には非常に重宝しますよ!!
帰りは、23時台が最終ですが、食事の章で紹介した「ブロードウェイホテル」と「スターワールドホテル」を繋ぐシャトルバスもあり、こちらはなぜか深夜2時近くまであります。
カジノと並ぶ、マカオの夜のお楽しみ・・な男性諸君には耳寄り情報でした。(コタイ地区には、観光客向けのその手のお店はないと思います。たぶん)

ショッピングモールを半周した先にある「オーパルロビー」からは、周辺ホテルの循環バスが出ています。ベネチアンマカオはお隣で2~300mほどなので、足腰の元気な方は待つより歩いたほうが早いですが、それ以外のホテルはそこそこ距離があるので、シャトルバスを利用しまちゃいましょう。

日本語対応

フロントでは日本人スタッフは着物を着ているので、すぐに見分けがつきます。
チェックインアウト時も必ず隣に来てくれるので、すべて日本語で会話が可能です。
また、フロントの後ろには、簡易なカウンターがあり、そこに日本人スタッフが常駐してくれていることが多いので、観光案内など聞きたいことがあれば気軽に相談できますよ。
フロント以外は基本は英語となりますが、( ゚д゚)?って顔をすれば丁寧に説明してくれるスタッフばかりでしたので、ホテル内では、言語の心配は無用でしょう。

↓↓↓コタイ地区にあるその他のIR↓↓↓

マカオ・コタイ地区のIRリゾート徹底攻略!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする