【ポケモン剣盾】対戦デビューへの最短道のり
  ~その2 たまご遺伝~

たまご量産の準備は整ったぞ!

しかし、卵って親からいろんなものを引き継ぐんだよね?その辺よくわかんないんだな~、という方に向けて、孵化に考えるべき遺伝要素をまとめて紹介します。

個体値

ド定番。

個体値は♂親の6ステータス+♀親の6ステータスの計12か所の中から、3か所が遺伝します。強い親からは強い子供が生まれるのはこのためです。

そして、どちらかの親がアイテム「あかいいと」を持っていると、これが5か所遺伝になります。仮に親が両方6Vなら、子供は5Vが確定するという事です。凄い!!

♂♀12のステータスから、通常3つ、

あかいいとで5つ遺伝する。

この仕様を利用して、一般的な孵化は以下の流れが手っ取り早いです。

ワイルドエリアで5Vメタモンを捕獲済の前提とします。

  •   育てたい種族の適当な親 × 5Vメタモン
  •   ↑から生まれた1Vの親 × 5Vメタモン
  •   ↑から生まれた2Vの親 × 5Vメタモン

・・・と、左側の親のVをどんどん増やしていくと、優秀な子供の生まれる確率が上がっていきますね。なお、片親がメタモンであれば、相棒は♂♀どちらでも構いません。

ただし、この方法では、5VメタモンのVじゃないステータスに対してVを出すのは難しい。

純粋な確率に任せて1/30程度を狙うしかないですから。

なので、Vの箇所が違う5Vメタモンを2匹用意しておいて、育成種族の3Vが手に入ったあたりで、メタモン親も交換して、6ステータス全てどちらかの親がVを持っている状態にすると、あかいいと効果で5Vが生まれやすくなります。

性格

HP以外のステータスの得意/不得意が生じる性格も対戦では重要になってきます。

たまごから生まれてくる場合、基本は25種類からランダムとなりますが、

親が「かわらずのいし」を持っている場合、100%その性格の子供が生まれてきます。

かわらずのいしは、♂♀どちらに持たせてもOK。持たせた親の性格が遺伝します。

特性

ポケモンによっては複数の特性を持つ場合があります。

基本的には、♀の特性をそのまま引き継ぐことになります。

対戦で使いたい特性が絞られている場合は、まずは♀で一致特性を手に入れましょう。

ただし、夢特性の場合、入手経路が限られていて♂しか手に入らなかった・・・

なんて時も、ご安心。ここでも救世主「メタモン」の出番です。

相手がメタモンであれば、夢特性も含めて、♂親から引き継ぐことが可能です。

特性を固定したい場合は、「♀親」か「相手をメタモン」にすると覚えましょう。

遺伝技

ポケモンが覚える技の中には、レベルアップや技マシンでは覚えないけど、卵孵化時に親が覚えていた技が遺伝するものがあります。

たとえば、ラプラスの「フリーズドライ」

ラプラス♀と、フリーズドライを覚えたデリバード♂を育て屋に預けると、生まれてくるラプラスがフリーズドライを覚えているのです。

この遺伝技、前作までは、孵化時に覚えていないと2度と覚えさせれない技だったんですが、何と剣盾は、孵化後でも遺伝技を覚えさせることが可能になりました!!!

これまでは、個体値と遺伝技の両方を考慮して親を選別する必要があり、やや煩雑だったのですが、今作では、個体値だけ気にすれば良くなったという事ですね。

高個体値のポケモンが生まれたら、遺伝技は後から覚えさせればよいのです。

孵化後の遺伝技の覚え方

遺伝技を覚えた同種族と育て屋に預ける。それだけです。

♂は遺伝技「フリーズドライ」を覚えていて、♀にはない。

この2匹を育て屋に預けます。

そして、たまごが生まれるまで待ちます。

そして♀を引き取ると、、、、あらビックリ

なんと、フリーズドライを覚えてます!!!

遺伝ルール①

同じ性別でもOKのようです。

たまごは生まれないので、タイミングが測り辛いデメリットはありますが、預けて適当に時間が経てばOKです。

遺伝ルール②

遺伝可能なのは、「同じポケモン」のみです。進化前は別のポケモン扱いです。

ライチュウに覚え忘れた遺伝技がある場合、まずはその技を覚えたピカチュウを手に入れて、進化させてから、一緒に育て屋に預ければOKです。

遺伝ルール③

技の空きスペースがある事。既に4つ埋まっていると、遺伝技は覚えません。

厳選孵化まとめ

さて。これらの遺伝を駆使して強いポケモンを厳選することになりますが、大半は以下の流れとなります。

  1. 特性一致の♀を手に入れる
  2. 性格一致の♂を手に入れる(別種族・メタモンOK)
  3. ↑を親にして、特性・性格一致を生む(♂♀不問)※ここまで個体値は無視でOK
  4. ↑の親と5Vメタモンを預ける
  5. Vが増えるように、親を交換しながら厳選
  6. 理想個体ゲット
  7. 遺伝技が必要であれば、同種親から孵化後遺伝

前作までは、アイテムを持たせても性格・特性の引継ぎが確率だったり、遺伝技が孵化時限定だったりと、考慮ポイントがいくつかありましたが、ずいぶんと楽になりましたネ。

体感的に、これまで丸一日(4~5時間)かかっていた孵化厳選が、今作では早いと1時間で終わってしまいますネ~。何という時短!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする